プロフィール

jamaicancooking

Author:jamaicancooking

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

きょうもよい1日を!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香川県 その2

高松市は子供の頃住んでいた場所。
琴電(ことでん)に乗ろうと最寄り駅に向かうと・・・

たかまつしマンホールの蓋
高松市のマンホールは那須与一、屋島の戦いでの一場面です。
高松市屋島は、屋島・壇ノ浦の合戦の舞台なのです。
社内に「さぬき弁マナー講座」のポスターがありました。
「ちょっとこましのべとって!!」
「まくれるで!!」・・・意味、わかります?
内容はことでんグループのサイトから見ることができます→

さて、かつて住んでいたという町に着き
両親に聞いた会社や鮮魚店を見つけました。
確かにそのあたりに暮らしていた、ということが確認できました。
観光地でも何でもないのですが、訪れてみたい場所でした。
でも、実はこれは予定外のこと。急いで遅れを取り戻さなくては。

次に訪れたのは、とある呉服屋さん。以前、三橋京子さんの半幅帯を
ネットショッピングで購入したお店です。最大の目的は、江戸時代から伝わる
香川県の伝統工芸品「保多織(ぼたおり)」(現在は綿織物)を見るため。
織り方は平織の変形です。

あいにく市内にある唯一の織元さん・岩部保多織本舗は、
日曜日が定休日のため伺えませんでしたが、呉服屋さんでは見本の布を実際に見ながら、
最終的に1枚を選び(先日受けた、和のパーソナルカラーでいただいた
色見本の生地も持参・笑)着物に仕立ててもらうことにしました。


そして、手持ちの帯ならどんな色の帯締めと組み合わせれば良いかなど
質問すると、スタッフさんは、ん~・・と考えてから、サササッツと
キモノ、帯、帯揚げを重ねて見せてくれるのです。
それがまた楽しかったです。

それまで自分のことばかりで気づくのが遅かったのですが、ふと見ると、
応対してくださっているスタッフの方、結城紬をお召しじゃないですかっ!?
刷り込みのとび柄で、柄は大振り・・・ですが、着物として着てしまうと
柄の出方がさりげなくも、且つ、目立つ・・なるほど~(感心)。
香川県で結城紬に出会えるなんて嬉しいものですね。

しかし、もう戻らなくてはならない時間です。
予讃線に乗って丸亀へ。

ギャがつく呉服屋さんでしょうか?私も東京展で保多織いただきましたよー
香川県いいですね。大好きになりました
ちなみに同じマンホール蓋写真におさめました・笑
11.16.2014 06:18
URL | イシダ
[ ]

お見事!

イシダさま
そうです、続いて「ラリー」もつく呉服屋さんです。
東京や京都でも展示会を開催しています。
ご当地もののマンホールって見ていて楽しいですね。
11.17.2014 22:23
URL | jamaicancooking
[ ]

Secret?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。